海外旅行

海外旅行で気をつけたい事


より身近で手軽になってきた海外旅行ですが、犯罪や衛生状態の他にも気をつけたい事はたくさんあります。
国が違えば文化も法律も日本とは違ってくるものです。

例えば日本ではコンビニは24時間営業で土日もデパートは開いていますが、旅行先によっては日曜は殆どの店が休業していたり夕方のまだ早い時間に店仕舞してしまう国もありますので滞在期間中の曜日なども意識しておくべきでしょう。

また、いざ海外旅行に行く時に持ち込めないものもあります。
煙草を持ち込めなかったり、関税がかけられてしまう国もありますし、海外で体調不良を起こした場合に備えての薬なども引っかかってしまう事があるので注意しましょう。
持病などでどうしても手放せない薬を持っていく時は医者の診断書などを用意しておくと良いようです。

こういった日本と海外との文化や政治の違いは、海外旅行者であれば常に心がけておきましょう。


海外旅行

海外で買い物をする時は


海外で買い物をする場合、現金での支払い以外にもカードを使用したりトラベラーズチェックを購入しておくなどの方法があります。

現金の所持は通貨交換の手間や紛失や盗難にあった場合の事を考えると、最低限の現金だけを持ち歩き、買い物はカードなどを利用した方が安全と言えます。
また、カード会社によっては保険も適用されるので、海外で購入したものを盗まれたりした場合も安心できます。

トラベラーズチェックはいわば旅行者用の小切手のようなもので安全性の高いシステムであり、通貨の種類もドルやポンドだけではなく、日本円やフランなど海外の多くの地域で利用する事が可能です。
トラベラーズチェックで購入したものであれば、紛失や盗難などにも対応が効きます。

海外でも国によってはトラベラーズチェックを使えなかったり、カードを利用できる店が少なかったりしますので注意しましょう。

海外旅行

旅行保険について


海外旅行へ行く時は旅行保険にも加入しておくべきでしょう。
旅行会社の殆どが旅行者への保険加入を勧めているようです。

理由の一つには海外では病気や怪我をした時の治療費が非常に高額になってしまう事が挙げられます。
慣れない水や食べ物で体調を崩す事もありますし、万が一の為に加入しておいた方が良いようです。

治療費だけではなく誤って事故を起こしてしまった場合の賠償や、旅行先で購入したものや所持していたものを盗まれたりした場合にも補償が適用できます。
補償内容は会社や選んだ保険の種類によっても変わってきますので、必要な補償や旅行の目的、人数などから最も自分に適した保険を選びましょう。

また旅行保険はインターネットなどからも加入できる会社が多く、平日は仕事などでなかなか時間の取れない方でも24時間いつでも申し込む事ができます。

<<前の3件  .. 3 4 5 6 7  次の3件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。